人気ブログランキング |

  不器用

                私は、小さい頃から不器用だった。

            何をやっても、すぐには上達しなかった。

               2歳下の弟は、器用で如才が無かった。

            話もうまく、何でもそつなくこなした。

              私は無口で、人あたりも良くなかった。

            父からは 「お前は、要領が悪いなあ!」と言われたりもした。

            そこで私は、弟と同じ様に物事をこなしていく為に努力する様になった。

          弟が一つ努力すれば、私は二つ以上努力しなければならなかった。

           最初はその努力が、嫌だった。

          「どうして俺は、もっと器用に生まれなかったのかなあ?」などと、嘆いたりもした。

           ところが歳をとるにつれ、その努力が苦にならなくなった。

          むしろ、「どうしたら、うまくいくだろうか?」 といろいろ考えて工夫する事が

          楽しくなってきた。

           「何でも自分でやってみたい。自分で試してみたい!」 という気持ちが強く

          なってきた。

            最初は他人から教えられた事でも、自分なりに納得しなければ気がすまない

          ーーという今の性格は、こうして出来たのだと思う。

             弟は友人も多く、女にももてた。

           若い頃から酒を飲み、酒が非常に好きだった。

             私はというと、友人もそれほど多くはなく、どちらかというと一人で行動する

           タイプである。酒も好きではない。付き合いで飲むぐらいだ。

             弟ほど、女にもてるわけでもない。

               弟は酒が元で、8年前に亡くなった。

              私は、まだ生きている。

               しかし、弟の人生は好きな酒を飲み、女にももてて

              それなりに幸せな人生だったのではないだろうか?

              オムツをしてもらいながら、長生きする事が本当に幸せだろうか?

             弟がいたから、私の性格が出来上がったのかもしれない。

              私の人生が幸せかどうかは、死ぬ時にしかわからない。

            

             

           

         
by tramasato | 2009-10-15 15:30


<<    野村監督の胴上げ 我が家の愛犬 >>