人気ブログランキング |

   万引きに思う

           私の友人は川崎でセブン・イレブンを経営している。

     彼の言によれば、一日5000円以上は万引きの被害に遭っているという。

     多い時には、一日10000円以上の被害があるという。

     彼もスタッフ達も、目を皿の様にして万引きの被害を減らそうとしているが、なかなか

     被害は5000円以下にはならないらしい。

      万引きする人間は罪の意識が少ないらしい。
                                                                                                                                            「これぐらいなら、いいだろう。」と考えてするのだろうが、万引きは間違いなく盗みである。

     万引きする人間は、される人間の悲しみや怒りを考えたことがあるのだろうか?

      店の人々は、商品の購入や販売、経営に誠心誠意、毎日取り組んでいることだろう。

     たとえ売れなくとも、自分のやれる事は精一杯やっていると思う。

      そうして購入し販売しようとした商品を万引きされたら、どんな気持ちだろうか?

      自分の普段の努力が報われず、情けない気持ちで一杯だろう。

      私は万引きされた経験はないが、自院の駐車場では無断駐車している車が時々あり

     嫌な思いをしている。

      ある時、無断駐車している若者に 「当院で診療を受けるのでないなら、無断駐車しない

     ように!」と注意した。

      するとその若者は 「お前は歯医者なんだから人助けが商売だろう。何でこんな事で文句

     を言うんだ?」と言った。

      この若者は無断駐車による人の迷惑など考えつかないらしい。

     営業用の駐車場への無断駐車は、立派な営業妨害である。

     この若者にとっては、無断駐車など当たり前のことなのである。

     若者というより、バカ者と言った方が良いのだろうか?

      またある時、中年のご婦人と若い娘さんの親子が無断駐車しているのを、注意した時の

     事。

      「なぜ、ここに止めたのですか?」と尋ねたところ、そのご婦人は 「娘に 『路上駐車は

     してはいけないから、ここに止めなさい。』 と教えていたんです。」と言うのである。

      「路上駐車」はいけない事で、個人の駐車場に止めるのは正しい事なのだろうか?

      では、このご婦人にとって正しい事というのは、いったいどういうものなのだろう?

      ともかく、自分勝手な理屈をこねる人間が多い。

       万引きなんて、もっての他だ。

      少しは他人の迷惑を考えてくれ!

       

    

    
by tramasato | 2010-01-15 22:43


<<   水の違い   ホームページが行方不明 >>