人気ブログランキング |

  水の違い

       私は、コーヒーを淹れる時はいつもミネラルウオーターを使っている。

     黒松内産の 「水彩の森」 という水で、これは以前にもブログに書いたが、

     行きつけのカフェのマスターに勧められた水である。

      その店で買ったコーヒーを淹れる時には、必ずこの水を使う。

     水道水でコーヒーを淹れると、嫌な苦味、嫌な酸味が出て、不味いコーヒーになってしまう。

      自分で試して、よくわかった。

      この店以外のコーヒー、例えば市販されているドリップタイプのコーヒーを淹れる時には

     水道水で淹れて、その不味い味に思わず 「ああ、やっぱりあの店以外のコーヒーはひどい

     もんだ!」 等と嘆いていた。

      ところが、この間試しに 「水彩の森」 で市販のコーヒーを淹れてみた。

     するとどうだろうーー市販のコーヒーも苦味や酸味が抑えられ、結構飲めるのである。

      「水」 を変えた為に味が円やかになっているのだ。

      今まで 「不味くて、とても飲めない!」 と言って、飲むときにはミルクや砂糖を必ず

     入れていた市販のコーヒーも、ストレートで飲める。

      水の違いというのは、大きいものだ。

      そこで私は、ふと思いついた。

      「これが料理だったらどうだろうか?」ーーと。

     「料理だって、水を変えれば美味しくなるんじゃないか?」

      水道水は、塩素がかなり含まれている。

      塩素を使った料理が、美味しい筈がない。

      今まで普通の水の味と思っていたのは、塩素の味だったのかもしれない。

       確かに 「水彩の森」は、水道水に比べて円やかな味である。

       この水を使えば、ご飯だって美味しく炊けるかもしれない。

       料理だって美味しくなるかもしれない。

       今までは不味い水を使って、不味い料理を食べていたのだろうか?

       水を変えて試してみる価値はある。

       

       

      
by tramasato | 2010-01-22 14:51


<<   音楽評論    万引きに思う >>