人気ブログランキング |

     愛される入れ歯

          ある日、当院の80代の女性患者さんから電話があった。

       「先生、入れ歯が合わなくなったので新しく作って欲しいんですけどーー。」

       私は 「はい、判りました。〇〇時にいらして下さい。」と答えた。

        ところが、しばらくしてまた彼女から電話があり 「先生、やっぱり止めます。」と言う

       のである。

        私が 「何故ですか?」と尋ねると 「まだ使えそうだから、もう少し後からにします。」

       と言う。   私は気になったので、もう少し詳しく彼女の話を聞いた。

        その話によると、ラーメンを食べた後、急に気分が悪くなってトイレで吐いたのだ

          そうだ。

       その時、入れ歯も一緒に便器の中に吐き出したらしい。

        その汚物まみれの入れ歯を見て、最初の電話をかけてきたのだ。

       ところが、時間が経つにつれ「勿体ない!」と思ったのだーーと言う。

        それで洗って、また使うことにしたのだそうである。

       その後、第二の電話をかけてきたのだ。

        今はその入れ歯を口の中に入れているらしい。

       私はその話を聞いて、複雑な気持ちであった。

         彼女にとって、今や入れ歯は体の一部に成りきっている。

       今の入れ歯に強い愛着を持っている。

         だから、トイレに落ちて汚物まみれになったにもかかわらず、洗って使っているの

        であろう。

        自分の作った入れ歯が、それ程愛されるのは歯医者冥利に尽きる事ではあるがーー。

       最近また別の女性の患者さんが 「入れ歯を無くした。」という事で来院した。

        何処で無くしたのか尋ねると その患者さんは 宴会の2次会に行って酒を飲んで

       いるうちに気分が悪くなり、トイレで吐いたのだそうだ。

         彼女も同様に、入れ歯を便器の中に吐き出したらしい。

        その入れ歯は私が作って、15年間も使ってもらっていた物なのだが、

        さすがにその患者さんは、トイレに落ちた入れ歯を其のまま洗ってまた使う気には

       ならなかったらしい。

         潔く諦めて、新しい入れ歯を作りに来院してくれたのだ。

          まあ常識的な判断だと思うがーー。

        それにしても第一の患者さんは、トイレに落とした物まで使う。

         第二の患者さんは、15年間も同じ入れ歯を使う。---という程、愛着を持って

        もらうのは結構なのだが、入れ歯というのは作って6ヶ月もしたら合わなくなるん

         ですよ!

          少しでも合わなくなったら、すぐに作り直してください!

          もし吐きたくなったら、入れ歯を外してから吐いてください!

          まあ、これは無理な話かもしれないがーー。

           とにかく、患者さんは長年使った入れ歯に愛着を持つものらしい。
by tramasato | 2010-12-01 23:02


<<      レントゲンは体に悪い? 介護されな... >>