人気ブログランキング |

相続

          父の死後、相続の手続きに手間取っている。

        相続に必要な書類が非常に多い。

     亡くなった人と相続者の戸籍謄本、相続確認表、相続者それぞれの印鑑証明

     相続者全員の実印押印済みの手続き依頼書、預金通帳などである。

   先日、父と相続者の謄本と印鑑証明、実印を押印した書類、相続資格のある

     人間が死亡している場合の除籍謄本など、全てを一か月掛かってようやく集め

     「これで全て書類は整った!」と考えて銀行に父の預金していた銀行に行った。

      係りの女性行員は一通り書類を見た後、こう言った。

     「正様(父の名前) がお生まれになってから、昭和22年までの戸籍謄本が

     ありませんので、その間の謄本をご用意ください。支所に行って聞いて

     頂ければ判ると思います。」仕方なく市役所の支所に行って調べてもらった。

      そこで判ったのは、父が新潟生まれであること、旭川に移って昭和22年に

     戸籍を旭川に移したという事だった。

      そういえば父は生前、新潟の事をよく話していたし、夫婦で新潟に旅行に

     行った事もあった。

      私は、そのことをはっきり覚えていなかった。

      確かに相続手続きの書類には、「故人の生まれてから、亡くなるまでの

     連続した戸籍が必要」と書かれてあった。そういう意味だったのである。

      早速、新潟の父が生まれた町の役場に連絡して、昭和22年までの謄本を

     送ってもらった。

      書類の数は25枚にもなった。父に関する戸籍謄本や除籍謄本だけで10枚

       以上ある。

       父は用心の為、4か所の金融機関に分けて預金していたので、合計100

     枚もの書類を用意しなければならなかった。金額にして一か所1万円近くに

      なるかもしれない。

      何故、「生まれてから死ぬまでの連続した戸籍が必要。」かというと

       何処で故人の子供が生まれているか判らないからだーーという。

      個人の子供には全て相続の権利があるからである。

       それにしても相続というのは、大変な作業だ。

      といって、他人に任せておくわけにもいかない。

       これで相続額が10万円ぐらいだったら、とてもやる気がしないだろう。

        

       

      
     

       

     

     
by tramasato | 2011-02-24 14:25


<<      ブログを書いていて        友情 >>