人気ブログランキング |

入れ歯の難しさ

         入れ歯を作るのは難しい。

     特に総入れ歯は型を採るときも、咬みあわせを決めるときも苦労する事が多い。

      一つには、患者さんの顎は必ず歳と共に骨が吸収して小さくなる事が挙げら

     れる。全く歯が無い総入れ歯は、骨吸収は避けられない。

      例えば、ある患者さんが5年前に初めて当院で総入れ歯を作ったとする。

     最初はピタッと入って、入れ歯は動かないし漬物でも肉でも、何でも食べられる。

      患者さんは「これは、いい入れ歯を入れてもらった!」と喜ぶ。

     具合が良くて、そのまましばらく使っているうちに、あっという間に5年ぐらい

      経ってしまう。

     そのうちにだんだん入れ歯がゆるくなって、ある日「先生、入れ歯が合わなくな

      った!」と言って来院するのだ。

     もちろん人によるけれど、2~3年経てばかなり骨吸収してゆるゆるになる。

      特に下顎は骨吸収が早い。合わなくなるとそれだけ痛みも出やすい。

     そこで新しい入れ歯を作りなおすのだが、顎自体が小さくなっているので

      作り直しても動きやすい入れ歯になってしまう。

     ところが患者さんは、自分自身の顎が5年前と変わっているなんて思いもしな

      い。新しい入れ歯を入れると、どうもしっくり来ない。

     「この前入れた時は、こんなんじゃなかった!」と思ってしまう。

      もちろん新しい入れ歯に馴染むのは時間がかかるものなのだが、根本的に

     骨が小さくなっているのだから、5年前に入れた入れ歯の様に動きにくい物には

      ならない。そこが患者さんには理解してもらえない。

     自分はいつまでも変わっていないーーと思っている。

      口の中というのは、常に変化している。

     いや、何事も常に変化しているのである。

      新しい入れ歯が合わないと「この歯医者、腕が悪くなったんじゃないか?」

     とか、「手を抜いているんじゃないか?」とか思われてしまうのだ。

      入れ歯は作りなおす度に、口の中の条件はわるくなるばかりで

     より困難な仕事となる。

        だから、入れ歯あh難しいのである。

       
by tramasato | 2011-04-11 15:22


<<       故郷 キャプテン >>