人気ブログランキング |

    酔っ払い

           彼はダンディに飲みたかった。

      カサブランカのハンフリー・ボガードが煙草を手にしながらカクテルを

     飲んでいる様に。

    あるいは、へミングウェイがパイプを燻らせながらラムを飲むように。

     そういうカッコいい飲み方に、昔から憧れていた。

    でも、現実は厳しい。

     ボギイの真似をして、マティーニを何杯か飲み干し「じゃあ、これで」と

    カッコよく椅子から立ち上がろうとした途端、転げ落ちてしまった。

     すっかり酔いが回ってしまっていたのだ。

    ある時、友人が酒場で飲んでいる彼を見つけた。この時もかなり酔って

     半分眠っていた。

    ふと見ると、彼の座っているカウンターにはグラスが有り、グラスと

     彼の間には、小さな水たまりが出来ている。

    その水たまりの中には、煙草の吸殻が何本か落ちていた。

     つまり、こうだ。

    酔いがすっかり回ってしまった彼は、グラスの酒をうまく口に

     運べなくなって、少しずつ酒をカウンターにこぼしていた。

    それが小さな水たまりになっていたのだが、酔った彼には水たまりが

      アルミの灰皿に見えた。そこに吸殻を捨てたのだった。

     酔っぱらった彼は、通りを走っているタクシーにに向かって

      突然走りだす。

    タクシーに轢かれる寸前でくるっとUターンして、ケンケンしながら

      戻ってくる。それを何回か繰り返す。

    そのうちタクシーの運転手に「バカヤロー!」と怒鳴られる。

     これが、カッコいい飲み方なのだろうか?。

      懲りずに彼は、今日もカッコいい飲み方を追求している。


     
by tramasato | 2011-07-13 14:46


<< 酔っ払い その2         ヘルニア >>