人気ブログランキング |

退院

  結局、大した痛みも無く2日目を迎えた。ベッドのマットが固くて

   腰が痛み、傷の痛みより腰の痛みの方が気になったくらいであ

  る。痛みが少なかったのも、ドクターの腕が良かったからであろ

   う。何人かの看護師さんが交代で看護してくれたが、皆とても

  親切だった。夜勤の看護師さんは深夜に何度か来て体温を測っ

   たり、モニターをチェックしたり、私の容体を確認したりして

  いたが、大変な仕事である。

   高給とは言っても、常に看護師が不足しているという現実も

  判る様な気がする。

   2日目は何もする事がないので、CDを聴いたり、本を読んだ

  りしていた。午前中に近くで喫茶店を経営する友人が見舞いに

   来てくれた。写真を撮るというので、ベッドに座ったまま

  撮ってもらう。左腕には点滴がつながれた儘なので、様になら

   ない。「入院しているんだから、当たり前じゃないか!」と

  彼は言うが、撮れたら結構な重病に見えるだろう。

   昨日も妻が川崎の長女に、私の手術後の無事な姿を携帯で

  送ろうとして、傍に居た次女に反対されて止めてしまったが

体に何本も管を繋がれた状態の写真を送っても、元気そう

  には見えない。格好のいい物でもない。

   本人の気持ちを思って次女は反対したのだろう。

  友人が言った様に、入院なんてしょっちゅうある訳ではない
 
   ので記念に一枚という風にも考えられるがーー。

  ともかく、ブログに載せるという事で撮ってもらった。

   結局友人は、午後と夜の3回も見舞に来てくれた。

  職場が近いとはいえ、有難い話である。

   退屈ではーーと心配だった入院生活もこの友人や看護師

  さんのお陰で結構楽しめた。

   なにより最近いつも感じている、首の筋肉の痛みや張り

  も軽くなり、体調も良くなって来た。

   首の筋肉の痛みは、たぶん診療で姿勢が悪くなっている

  のではないか?職業病といえるのかもしれない。

   気持のリフレッシュの為にも、たまには環境を変える

  のも必要だな!--と思った。

   
 
  

   
by tramasato | 2011-08-18 11:23


<<       ヘルニア手術 その後 術後 その2 >>