人気ブログランキング |

ブログとは

  私のブログを呼んだ同級生に「お前のブログは、言い方が高飛車

 だ!」と言われた。そうかもしれない。必ず断言する様な書き方を

  しているので、「高飛車」な言い方に聞こえるだろう。

 でも、「--じゃないでしょうか?」あるいは「--だと思います

  が?」と書いても個人の意見としては、弱い印象を与える。

 断言するように書いた方が、たとえ反発を買っても判り易い。

  私がこのブログを書き始めてから、5年程に成るだろうか?

 同じようにブログを書き続けている友人と話していて気付いた事が

  、「ブログというのは独り言、あるいは日記的な要素が強いーー

 」という事である。

  だから、その人の意見や主張がはっきりと出ていないと、何を

 言っているのか判らない、焦点の定まらない文章になってしまう。

  そう考えているので、断言する言い方、高飛車な言い方に聞こえ

 るのだろう。

  ブログはネット上で公開されているのだから、それに対する意見

 や、批判はあって当然であり、自分でもその意見や批判を参考に

  できるかもしれない。

 事実、同級生達は私のブログを肴にして、一言一句に文句を付けて

  いるらしい。それはそれで構わない。大いに批判してもらって

 結構。

  でも、もし他人のブログを批判するのであれば、自分自身で

 ブログを作り、書き続けて、そのブログ上で批判するべきだろう。

  自分は何もせず、他人を批判ばかりしているのでは、何の意味も

 無い。

  自分でブログを作り、文章を何度も書き、あるいは推敲しながら

 書き直してみる。

  そういう作業を通じて、自分の文章の拙さが判って来る。

 私はブログを書いてみて、自分の文章が本当に下手だという事が

  判った。下手な文章を直し、直し書くうちに少しずつ誤りは

 少なくなる。だが、自分の意図するところが本当に相手に伝わって

  いるかというと、まだ疑問ばかりだ。

 批判しようとするなら、自分でブログを立ち上げーーこれが理想の

  ブログだーーという物を私に見せて欲しい。

 そこで初めてお互いに議論し、納得の行く部分があれば、相手を

  見習えば良い事ではないか?

 そういう過程が大切であろうし、建設的であるとも言える。

  大切な事は、批判ではなく、実践する事だ。

 実行の伴わない批判は意味がない。

 
by tramasato | 2012-03-09 14:53


<< 正常と異常 春の訪れ >>