人気ブログランキング |

煙突倒壊

  火曜日の夜10時頃、突然大音響がした。

 何事か?と外を見ると駐車場のフェンスが壊れ、母屋の煙突が二つ

  に折れて、駐車場の中に転がっていた。煙突の周りには煉瓦の

 破片や雪が散乱している。フェンスは中央部分から折れ曲がり、一

  部は完全に切断されてしまった。1トン以上の重みが瞬間的に

 かかったのだから、鉄製のフェンスでも耐えきれない。

  母屋は築40年以上になる木造家屋で、かなり老朽化している。

 この冬の大雪で多くの老朽建造物が倒壊していたので、「うちの

  建物も大丈夫だろうか?」と心配したが、何とか4月になって

 「もう大丈夫!」と一安心していた矢先の出来事だった。

  煙突は煉瓦に鉄筋を入れて造り、建物の外壁に取り付けて

 あったのだが、恐らく何トンもの屋根雪が滑り落ちて来る重さに

  耐えられずに、押し倒されたのであろう。

 いま母屋は誰も住んでいないので、集中暖房用のボイラーも無く

  、煙突自体も使われていない。だから煙突が無くても影響は

 ないのだが、フェンスは修理しなければならない。

  よく考えてみると、倒れたのが深夜で良かったのかも知れない

 。日中駐車場に車があり、しかも付近に人がいたなら、ただの

  怪我では済まない。最悪の場合、死者が出る可能性もある。

 そういう意味では、「不幸中の幸い」と言えるかもしれない。

  倒壊の直後は、「どうやって片付けようか?」と考え込んで

 しまったが、「古い建物を壊した後の処理をする産廃処理業者

  だったら、建築会社に頼めばツテがあるだろう。」と思いつ

 いて、ときどき建物の修理を依頼している建築会社に連絡

  した。

  建築会社もすぐに対応してくれて、早速、産廃業者の巨大な

 クレーン付きトラックで、壊れた煙突は全て持って行った。

  雪の害で壊れたのは煙突ばかりではない。

 古いガレージも雪の重みの為に、屋根が陥没してしまった。

  雪が無くなったら、ガレージもフェンスも修理しなければ

 ならない。

  古い不動産を相続したのはいいけれど、これからは修理

 に追われる事になるのか?

  こういうのは「負の遺産」というべきなのだろうか?

  
 
by tramasato | 2012-04-12 15:05


<< 「羆撃ち」を読んで 春めいて >>