人気ブログランキング |

バンド、いよいよデビュー

 6月17日、とうとうバンドのデビューの日となった。

私はリードボーカルという立場なので、挨拶を担当する事になり

 週の初めから何を話すか いろいろ考えていたのだが、「あま

り長い挨拶はいらない。」というメンバー達の意見で、簡単に

 話す事にした。どうも昔のスピーチ癖が治ってないらしい。

3時30分から練習を始め、1時間ほどしてから公演の準備を

 始める。いつもの喫茶店からドラムやギター、アンプなどの

器材を車と徒歩で、歩いて5分ぐらいの会場のダンスホールへ

 運ぶ。楽器のセッティングや音の調整で1時間以上かかった。

6時30分にメンバー全員が揃い、準備完了。

 普段はいない観客を目の前にした緊張感もあるので、メンバー

の一人が気を利かせて、「じゃあ、練習しよう!」と声をかけて

 1回目の演奏が始まった。

「想い出の渚」、「長い髪の少女」、「スタンド・バイ・ミー」

 最後に「ルイジアンナ」の予定どうりの順に演奏され、歌う。

マイクを持つ右手が、心なしか震えている。やっぱり緊張して

 いるのか?声もあまり出ていないかな?

皆で歌うコーラス部分は、まずまずの出来。

 それよりも一曲終わる度に、応援に来てくれた友人達が

声援を送ってくれるのが、とても痛快!たいした演奏でも歌でも

 ない筈なのに、大声で声援してもらえる。これがライブの醍醐

味なのか?一度始めると止められなくなるーーというのは本当

 かな?

一回目の練習が終わり、休憩。割れんばかりの拍手で迎えられ

 る。友人達が口々に褒めてくれる。だが自分ではそれほど良く

はないーーと思っているので、口では「有難う。」というものの

 照れくさい。

1時間ほど休んで、いよいよ本番。順番どうりに曲が進む。

 練習の時よりは、少しリラックスして声も出てきている。

ところが、3曲目の「スタンド・バイ・ミー」の終盤になって

 痛恨のミス。突然歌詞を忘れてしまったのだ!全く歌詞が出て

来ない!「どうしよう?」とパニックになって何も歌わない時間

 が過ぎる。

だがバンドの演奏は続いているので、途中から誤魔化して歌い

 始め、なんとか最後まで行った。

3回目は、ようやくマイクを持つ手も震えなくなり、リラックス

 して演奏し、歌える様になる。

声もよく出る様になり、まずまずの出来。演奏も良くなる。

 しかし、またまた間奏を入れずに歌ってしまうミス。

ここでも皆がうまく合わせてくれて、なんとか演奏を終える。

 最後に「スタンド・バイ・ミー」をアンコールに応えて

歌って演奏し、全て終了。
by tramasato | 2012-06-19 16:39


<< バンドデビュー、その2 初公演 >>