人気ブログランキング |

ROUTE14BAND その2

4人のメンバーがそれぞれステージに上がり、演奏の準備を始め

 た。中央にトランペットのや女性。その左側にキーボード担当

の女性。この人が友人の店でアルバイトをしている人である。

 右側にドラムとベースの男性が並んで用意している。

いよいよ演奏が始まった。それまで出演していたバンドと比較に

 ならない程の音の迫力。リズムが軽快で、メンバーそれぞれの

演奏技術が素晴らしい。グループとしてのまとまり、バランスの

 良さがとても良い。

以前、友人にこのバンドのDVDを見せてもらったが、実際に

 目の前で演奏を聴くと、また違った迫力だ。

やはり東京で活躍しているバンドは、地方のそれとはレベルが

 全く違う様である。

一緒に聴きに行った友人も「うーん、いいねえ!」の連発。

 見に来た甲斐があったーーというものだ。

あっという間に演奏が終わり、片付けが終わった彼らと一緒に

 喫茶店に行った。「キーボードの女性に珈琲を御馳走する。」

という友人との約束があったからだ。

 メンバーとは殆ど初対面だったので、私は緊張していた。

ただ、最近私もバンドをやり始めたので、共通の話題というのは

 結構ある。私も初ライブでは失敗ばかりしていたが、彼らの

様にプロレベルの人達でも、よく失敗するらしい。曲の導入部を

 間違えたり、同じパートを誤って繰り返したりーー等など。

ライブでは、それが当たり前らしい。それを聞いて私も安心した

 。バンドのメンバー同志で話していると、とても爽やかさを

感じる。音楽を志向する人に共通することなのだろうか?

 私の馴染みの店で久しぶりに飲んだコーヒーも美味しかった。

1杯1000円だから、当たり前と言えば当たり前なのだがー。

 彼らもコーヒーと我々との会話を楽しんでくれた様だ。

翌日、彼らは「パークジャズライブコンテスト」に出場し

 見事に優勝を勝ち取った。

それぐらいの実力は充分にあるバンドである。

 まだ結成して2年足らず。メンバーも若いし、将来が楽しみ

なバンドだ。
by tramasato | 2012-07-26 14:04


<< 墓碑銘 山崎千裕とルート14バンド >>