旭川ライブ 4

ステージとステージの間の休憩時間にROUTE14のCDを販売する

 事は挨拶の時に言っておいたので、バンドの演奏を聴いて気に

入ってしまった観客達が次々にCDを買いに来る。

 挨拶の中で「今日発売するニューアルバムは、全国に先駆けて

この旭川から発売されます。まだ日本中何処でも発売されていな

 い新しいアルバムです。」と言って置いたのが効いたのか、

ニューアルバムがどんどん売れている。瞬く間にニューアルバム

 は2~3枚しか残らなくなってしまった。後で売上を聞いたら

枚数にして30枚近くのCDが売れたらしい。観客が50人ぐらい

 だから、約半数の人が買ったことになる。

セカンドステージに変わって、今度はファーストステージよりも

 静かな曲が中心となって演奏された。

千裕ちゃんの手拍子の合図に合わせて、観客たちも手拍子をし始

 める。場内が一体となって、どんどん盛りあがって来る。

考えてみると、50人の観客とバンドのメンバーで殆どお互いの

 距離が無い様な狭い会場が、かえって良かったのかもしれない。

ライブというのは、出演者と観客の一体感が良いのだ。CDを聴い

 いるだけでは味わえない感動が其処にある。

ライブの途中や、終わってからバンドのメンバー達に質問する観客

 達が多かったのも、狭い会場でのお互いの密着感のせいだろう。

大声援の中、アンコールになり、無事ライブを終える事が出来た。

 今回のライブは大成功と言って良いと思う。私が誘った仲間や

友人達も口々に「良かった!」言ってくれた。

 山崎千裕とROUTE14BANDに、遠い旭川まで来てもらってその

素晴らしいSOUNDを披露してもらった甲斐があったというものだ。

 ROUTE14BANDとこのライブを支えてくれた私の仲間や店の人達

に感謝したい。
[PR]
by tramasato | 2012-11-25 19:43


<<   吹雪 旭川ライブ 3 >>