雪降ろし

久しぶりで雪降ろしをした。しばらく雪降ろしはしたくなかった。と言うのも数年前に雪降ろしを

 3日ほど連続して続けた後で、眩暈を起こして診療を休んでしまった事があったからだ。

その頃は 「自分はまだ若く体力も十分ある!」と思っていたし、トレーニングも20年近く続けて

 いたので、自分の体に自信をもっていた。「雪降ろしの3日ぐらい平気だろう。」と甘い考え

だった。それが4日目の朝に眩暈を起こして起き上がれなくなって、診療を休んでしまった。

 そういう苦い経験があったので、雪降ろしをする気がしなくなり、それをきっかけに自分の

年齢というものを考える様になった。たまたまトレーニングでケガをすることも多くなったので、

 無理をしなくなった。

ところが、一昨年から毎冬続いている大雪で、各地で木造の建物が多数倒壊する事故が頻繁に

 起こり、また昨年の四月には母屋の煙突が倒れ、駐車場のフェンスを壊してしまう事態になっ

て、物置や車庫の屋根の雪が気になりだした。物置も作ってから20年ぐらいは経っている木造

 なので、雪で屋根が壊れたりする可能性はある。

仕方なく、無理をせずに少しずつ雪降ろしをして行く事にした。

 物置の屋根に上がってみると、雪は私の胸の高さまである。かなり広い建物なので、一回で

すべての雪を下そうとすれば、数時間はかかるだろう。長時間の作業で風邪をひくのは馬鹿

 らしい。そこで3分の1ずつ下すことにした。

3分の1なら1時間以内で終了できる。くれぐれも無理は禁物。3分の1ずつを3日間かけて

 下せば作業は終わるのである。それでいいじゃないか!

雪降ろしにもコツがあって、最初の内それを思い出すのに少し時間がかかったが、慣れると

 スムーズに作業は進んだ。

先々週の土曜日と今週の土日で、作業は無事終了。

 今週からは車庫の屋根の雪下ろしに取り掛かっている。これも3日間で終わるだろう。

最近は物事に取り組むのに、あまり急がなくなった。急いでもすぐに結論が出る事は少ない

 からだ。ただし、一度取り組んだら努力し続ける事だけは忘れない様にしている。

普段の努力を継続することが、良い結果に繋がっていくーーという事が判って来た様な

 気がする。
 



 
[PR]
by tramasato | 2013-01-27 19:14


<< インフルエンザ   吹雪 >>