退職

8年間、医院に勤務してくれたスタッフが結婚の為、退職する事になった。

 非常に優秀なスタッフなので、退職されるのはとても残念だ。開業して28年になるが、今まで

働いてくれた数々のスタッフの中でも、最も能力が高く、人間的にも優れているーーと言える人

 である。それだけに、後継者を見つけるのは容易ではない。

彼女は衛生士ではないけれど、仕事に関しては、普通の衛生士など及びもつかない能力を

 持っている。就業し始めた当時、要領を教えてからセメント(歯科で使う接着剤)を練ってもら

った事がある。するとわずか数回の練習で、当時我が医院にいた先輩の衛生士や助手よりも

 操作しやすいセメントを練り上げた。これには私も驚いてしまった。

先輩の助手と衛生士は共に7年以上の経験を持つベテランたちであった。

 これを見て私は二つの事を、思い知らされた。一つは新人の優秀さであり、もう一つは

ベテランの怠慢である。もちろんベテランたちが今までいい加減に仕事をしていたわけではない

 のであろう。しかし新人が基本に忠実に行った仕事に、ベテランが太刀打ち出来なかったと

すれば、彼女たちが就業当初に持っていた仕事に対するひたむきさを失って来ているのかも

 しれないーーと考えたものだ。

そういうスタッフだったので、私も仕事をまかせっきりにしていた部分が多い。

 8年間勤務を続けてくれたスタッフも初めてである。普通は2~3年で退職する方が多い。

スタッフの交代は多い方なので、私の人を使う能力は優れているとは言えない。

 ただ、彼女に対して仕事に関して注意した事は殆ど無かった。

それほど安心して仕事を任せられる人材だったのである。診療を受けに来る私の友人たちや

 患者さんにも、とても受けがいい。

優秀なスタッフを失う事は、医院にとって大きな打撃である。

 今年は私の医院にとっても試練の年になりそうである。

 
[PR]
by tramasato | 2013-02-26 13:53


<< 子どもとコミュニケーション インフルエンザ >>