人気ブログランキング |

  高松での同窓会

  連休に四国の高松に行ってきました。

 今年は大学の同窓会で、四国出身者が担当幹事になり、香川県の高松が会場となったの

 です。高松はいいところですね。もちろん北海道に比べたらまだまだ暑いですがーー。

  市街地の中の高架上を、高速道路が通っているので、東京や大阪のような大都市の様に

 見えてしまいます。もちろん北海道のように十分な土地がないのでそういう形になってしまう

 のでしょうがーー。土地の人と何人かお話しましたが、親切な方が多かったです。

 夜の繁華街も治安がよく、安心して遊べるそうです。

   同窓会の前夜、同級生と一緒に飲みました。お互いに「やれ、肥った。やれ、禿げた」等と

  言い合っていましたが、一人が私に「お前のブログ、時々見てるぞ!結構、分かり易いな!

 」と言ってくれました。その友人とは大学時代、一番親しかったので何でも遠慮なく言って

 くれる奴です。

   私は正直、驚きました。自分でホームページを作った事も連絡していなかったので、

  まさかこの友人が私のブログを見ていたなんて、思ってもいなかったからです。

   時々、知り合いの人から 「あなたのブログを見ていますよ!」と言われますが、

  いつも少し恥ずかしい気持ちになります。というのも、あまり上手な文章とは思っていない

  のでーー。と同時に嬉しくもあります。何故なら、その人は私という人間に興味を持って

  いる人だからです。

    ここで私は 「 人間は一人で生きているのではない。必ず自分の事を思っている人

  がいて、そういう人のお陰で生かされているのだ!」 という言葉を思い出しました。

    確かに、最近むかしの友人から手紙をもらったり、付き合いのあるひとから、

  ブログについての意見をいただくことが増えてきたように思います。

   もちろん、それは私がそういう行動をしているための結果ですが、意見を貰う度に勇気が

  湧いて来るような気がします。

   ときどきブログを書くのが、大儀に感じることもありますが、「自分が少しは注目されて

  いるんだなあ。!」思うと、これも一種の快感になって行きそうですね。
by tramasato | 2008-09-17 23:45


<< ラフティング   週刊誌の役割 >>