人気ブログランキング |

45年ぶりの再会

  昨日、札幌で小学校の同窓会がありました。

 小学校の同窓会といっても、実際は中学校の同総会で、わたしは、小学校の4年まで同級生

 だったので、友人の好意で参加させてもらったのです。

  行ってみると、やはり見覚えのある人は8人ぐらいでした。会が始まって最初のうちは

 不安だったのですが、40年以上も経っていると、お互いによく覚えていないことが多く

 「やあ○○君、俺だよ!」と言われても思い出せない人がほとんどで、少し安心。

  旧友たちからは、「マーちゃん、マーちゃん」と呼ばれました。私はその頃、確かに

 「マーちゃん」と呼ばれていました。54歳にもなって「ちゃん」づけで呼ばれるのは、とても

 恥ずかしい気がしましたが、旧友たちが懐かしげに呼んでくれるのを無視するわけにはいき

 ません。

  私の昔に関しては、いろいろな事を友人たちから聞かされました。

  「マーちゃんは、いつもテストで100点ばかり取ってたもんねー!マーちゃんの家に遊びに

  行ったら、いつも決まった時間、予習、復讐したりしているのを見てびっくりしたよ!」

   とある友人には言われても、「本当に、そうだったかなあ?」と半信半疑。

   母親に「テストは、100点じゃなきゃ駄目だよ!」といつも言われて勉強させられていたの

  は覚えています。

   その頃は、今のように学習塾なんか全くない時代で「小学生は遊んでいればいい!」

  という親の方が多かったので、よけいに目立ったのかもしれません。

   田舎に参考書なんてほとんど無い時代でしたからーー

   ある女の子は、私と隣どうし机を並べていた時期があったそうで、その女の子に

   「マーちゃんはあの頃、目がクリクリっとして、顔がぽっちゃりして可愛いかったよね!」

   --ということは、今はとてもひどい状態らしい!ーーと言われて「そうだったかなあ?

    」と思いました。

    確かに私が転校して行く朝に、駅にはたくさんの同級生や担任の先生たちが見送りに

   来てくれたのを覚えています。

    そうすると小学校時代の私は、可愛らしい顔で、しかも成績優秀という田舎の

   スーパースターだったのでしょうか?

     今となっては、浦嶋太郎的な感覚しかありませんがーー

     でも、幼馴染とむかし話をするのも いいものですね!

    ともかく、その夜は不安だった同窓会にも何とか溶け込んで、むかし話をたっぷりと

    楽しんでしまいました。

    

      
by tramasato | 2008-10-26 20:31


<< 石川 遼君の2勝目   取材 >>