<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スピーチ

  私は、スピーチが苦手です。そういう方は、多いと思います。人前で話す時は、必ず緊張
 して、思った事も十分話せない。話しても辻褄が合わなかったり、失敗ばかりしている。

  そこで、スピーチが予定されている時は、必ず原稿を書いたり、読んだりして準備していま  す。以前から、自分でスピーチする時は、なるべく笑いを取って楽しく話したいと思い、そう
 いう構成になる様に考えたりもします。

  ところが、いざ当日の会場に行くと、突然話す時間が限られたり、誰かに話題を先に取られ
 たり、笑いを取ろうとしても誰も笑わなかったり、ハプニングの連続です。

  いま参加しているモーニングセミナーは、月一回は、必ず会員スピーチがあり、「スピーチ
 が上達できればーー」と考えて入会しました。

  ここでも、今までと同様、準備を怠らず会場に行くのですが、やはり時間が短くなったり、
 笑いを取れると思った所で取れなかったり、逆に思ってもいなかった所で皆が笑ってみたり
 と、自分の思ったようには、いきません。何回か、そういう事を繰り返している内に ハタと
 気づきました。

  「要するに、自分を素直に出してしまえばいいんだ!」とーー。

  自分を其のままに出して、普段どうり友達に話す様にすればいいんです。そして参加者と

  共感できるような話題に持って行けばいいんです。

   もう一つ、身振り手振りをまじえる事。直立不動で話していれば、肩に力が入ってしまう。

  肩に力が入れば、当然、話も硬くなってしまう。

   身振り、手振りをまじえると、体もリラックスします。臨場感も出て来ます。

   要するに、身振り手振りをまじえて、リラックスして、自分を素直に其のまま出せば、

  いいんですよ。聞いてる人だって、そういう人の方が共感しやすいでしょう?

     頑張ったって、人間 自分以上にはなれません。うまく話そうとするより、うまく

  自分を出す。自分は世の中に一人しかいない、貴重な人間なんだから、自信を持って

   やりましょう。

  そう考えたら、なんだかスピーチが楽しくなってきました。

  

  
by tramasato | 2007-05-27 23:07

新星、誕生

  15歳のアマチュア 石川君が、並み居るプロ達を押しのけてツアー優勝を成し遂げてしまい

 ました。日本ゴルフ史上、あるいは世界のゴルフ史上でも稀に見る快挙と言えるでしょう。

 マスターズの生みの親であり、唯一のグランドスラマーである 球聖ボビー・ジョーンズ氏でさ

 え達成出来なかった事ではないでしょうか?もっとも、むかしはプロとアマが共に戦うオープン

 トーナメントもあまりなかったと思いますがーー

  最近は、宮里 藍ちゃんを始めとして、若い実力派のゴルファーが続出している女子ゴルフ

 界に比べて、寂しい限りの男子ゴルフ界だっただけに、久々に石川君の様な新星が現れて

 実力を伴ったプロやアマがどんどん出て来る様になれば、日本のゴルフももっと盛り上がる

 でしょうね。

  彼のプレーを見ると、外連味がなく、攻撃的で、ゴルフを心から楽しんでいる様に見えます

 。そこが、ギャラリーからも共感を得られている理由だと思います。

  これからも、石川君の様なゴルファーが、たくさん出てきて欲しいですね。
by tramasato | 2007-05-20 21:23

ペット

 私の家には、7歳になるラブラドールがいます。いつも餌をやったり、ウンチを取ったりする

 時には、必ず話しかけながら作業をしますが、時々「犬が人間の言葉を、話す事が出来たら

 ーー?」などと、他愛もない事を考えたりします。そうしたら、犬との間のコミュニケーションも

 とれて、楽しく遊べるんじゃないか?とも思います。

  でも、コミュニケーションは良い方向ばかりとは限りません。

  「もっと、うまい餌食わせろ!」とか、「もっと散歩に連れて行け!」とか文句を言われるかも

 しれません。まあ、犬と喧嘩にはならないでしょうがーー

  やはり、お互いに言葉が判らないで、犬には黙って尻尾を振ってもらっている方が

 いいのかもしれません。

  

 
by tramasato | 2007-05-13 23:19

ジェットコースター

  昨日、ジェットコースターによる不幸な事故が起きました。
 正直言って、私はジェットコースターという遊具は好きではありません。乗っていると、いつも
 台車ごと、外に飛ばされそうな気がします。でも、うちの子供たちはこの乗り物が、大好き
 です。

  やはり、原因は点検不足という事でした。1年に一回の点検もされていない様ですが、
 会社幹部の「今まで35年間、事故が無かったのにーーー。」という言葉には考えさせられま
 した。この方は、「35年間無事故」に自負を感じている様ですが、満足な点検も無く35年間
 無事故だった事の方が、不思議なのではないでしょうか?

  全国の、施設では大慌てで点検をし始めている様ですが、やはり普段から定期点検など
 殆ど行われていない様ですね。
  こういう死亡事故が起こらないと、対策が考えられないというのは、JR福知山線の事故等
 にも共通している現象です。

  楽しかるべき、行楽の最中に不幸にして亡くなられた方のご冥福をお祈りしたいと
 思います。
 
 
by tramasato | 2007-05-06 22:14