<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前向きに考える

  以前から私は「前向きに考えよう。」と、色々な人から言われたり、色々な本の中」に書かれ

 ているのを読みながら「前向きに考えるとは、どういう事なのか?」と自分なりの考えをまとめ

 られないでいました。

  この頃ようやく「前向きに考える。」という事がわかりかけて来ました。

  例えば、自分にとって試練となるような難しい問題や出来事が起きて、窮地に立たされた

 としても、「いや、この問題を解決すれば自分はもっと成長できる!この問題は自分に与え

 られた試練なんだ!」と思い直すことが出来れば、楽しんで問題解決に向かって行けます。

  要するに、発想を逆転すること、自分が希望や自信を持てる方向で考えて行くこと

  なんですね。

  そういえば、今まではどちらかというと、悪い結果を考える方が多かったかもしれません。

  かならずしも、結果が悪かったわけではありませんが、悪く考えすぎて、あきらめてしまった

  事も多かったんですね。

    後で考えれば「あの時、あのまま続けていれば良かったのかなあ?」と思う事も

   たくさんあります。

    あきらめずに努力し続けることが、単純ではあっても成功する秘訣なのかもしれません。
[PR]
by tramasato | 2007-11-24 22:13

風邪

     久しぶりで風邪をひきました。

  最初は咳だけだったのが、二日目に熱が37,5℃まで上がり寒気がする様になってしまい、

 解熱剤を飲んで二日ほど夜は何もせずに寝込んでしまいました。

 ショックだったのは、食欲が無かった事。私はいつも食欲旺盛な方なので、「何も食べたくない

 !」なんて思ったのは、何年ぶりでしょうか?

 三日目以降は、今度は風邪に胃腸もやられてひどい下痢になるという有様。

  激しい、しかも何十回もの咳で腰も痛めてーー。

    ひどい目にあいました。

   それもこれも、高い灯油代を節約しようとして、あまり暖房を入れなかったせいかもしれ

  ません。

   「やっぱり、いくら高くても必要な経費は削ってはいけないものだ!」という事を

  思い知らされました。

 
[PR]
by tramasato | 2007-11-17 21:58

スピーチの効用

  私は、週一回モーニングセミナーに参加しています。

 毎週金曜日の朝6時30分から、1時間 倫理について学んでいるのですが、月に1~2回は

 会員スピーチがあり、自分の体験や、実践している事について、数分間皆の前で話していま

 す。私はスピーチをする場合、あまり堅苦しくならない様に、聞いている会員の皆さんが笑っ

 聞いてもらえる様な話題や、話術をしようと心掛けています。

  最近、少しずつですがその効果が出てきたような気がします。

  というのも、診療室で患者さんと話をするときに、患者さんの座っているユニットの背もたれ

 に手を置きながら、にこにこと話しかけている自分に気がついたからです。

  背もたれに手を置くというのは、意識してやっていた訳ではないのです。患者さんを前にして

 話している自分が以前よりリラックスし、患者さんと友達感覚で話せるようになって、自然と

 背もたれに手を置く形になったのではないでしょうか?

   これは、スピーチしている時に、必ず心掛けているー「相手に笑ってもらおう!」という

 気持ちと、それを実践できる様になってきた自分に自信を持てるようになった事が大きな

 要因だと思います。

  後は、自分の言いたい事を如何にうまく患者さんに伝えられ、患者さん自身の考えも充分

 に聞き取れる様になれるかーーという事ですね。


 
[PR]
by tramasato | 2007-11-10 23:04

苦難福門

  今から20年ほど前、私は盛岡での医局生活を終え、開業準備のため旭川に帰って来まし

 た。開業の為、生命保険に入ろうと検査を受けたところ、血糖値は200以上、中性脂肪やコレ

 ステロールも正常値に比較して非常に高いことを知りました。

  3年間の医局生活で、不規則でバランスのとれていない、しかも摂取カロリーの多すぎる

 食生活をしていた事が原因でした。私の父も糖尿病なので、遺伝的な素質もあるのかもしれ

 ません。

  当時、私の仲間の集まりに出ると「血糖値が高い!」などというのは私だけで他の仲間たち

 は健康そのものでした。

  私は「何故、俺だけ病気なんだろう?」と自分の不幸を嘆いたものでした。

  そこで対策として運動療法をを始めることにしました。たまたま近くにスポーツジムが出来た

 ので、そこに通うことにしました。筋力トレーニングとエアロビクス、水泳など色々な種目に

 参加しました。水泳はクロールと背泳まで練習し、その後、腰を痛めて平泳ぎとバタフライは

 しませんでした。筋力トレーニングとエアロビクスは今でも続けていて、今年で17年目ぐらい

 になります。その他、毎朝30分間のストレッチングをしています。

  そのお陰で、現在では、血糖値以外は全て正常値の範囲に収まっています。

  ジム通いは、今でも私の大切な健康法であり、生活の一部になっています。

   最近久しぶりで仲間たちと飲む機会があり、みなに聞いてみると「私は痛風でー」とか「私

 は糖尿でー」とか「心臓がー」「血圧がー」とか病気の人たちばかりでした。

  私は皆よりも先に病気が現れた為に、早くからその症状を食い止めようと努力する事になり

 それが結果的に良かったのかもしれません。

  「災い転じて福と成る。ーー苦難福門」ということなのかもしれませんね!

 
[PR]
by tramasato | 2007-11-04 22:40