<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歯科検診に思う

  今年も、学校歯科検診の季節がやってきました。

 毎年、この時期に考えるのは、「はたして、現状のような歯科検診が十分その機能を果たして

 いるか?」 という事です。

  人数にして150人あまりの口の中を2時間30分で、検診します。

  一人当たり1分間の計算ですが、実際にはアンケート( 事前に生徒に配布して、歯科に関

 する質問に答えさせてある。 )を読み、その後検診にかかるので、正味30秒程度しか

 時間をかけられません。

  30秒で何ができるのか?ーーと思います。十分な明るさの照明もなく、生徒も大きく

  口を開けて、こちらが見やすくしてくれる人など稀で、ほとんどが口の開き方が足りず

  何度も「 はい、大きく開けて! 」と繰り返さなければならない生徒ばかりです。

   わたしは、単に生徒が悪いというつもりはありません。

  歯科検診に対する十分なビジョンがないということなのです。

   現状では、学校側も「しなければならない!--という義務感だけで行っている様です。

   検診というのは、恐らく個人の健康回復、健康維持の為に行っているのだと思いますが

  、個人は忘れ去られ、集団の為の、あるいは学校の為の年中行事になっているーーと

  言われてもしょうがないでしょう?
[PR]
by tramasato | 2008-04-26 22:28

中国問題

  北京オリンピックの聖火リレーが、通過する全ての国で妨害に遭っています。

 今までに、これほどオリンピックの聖火リレーが妨害に遭った事があったでしょうか?

  中国の対外輸出品は、その価格の安さから驚異的な輸出増大を繰り返してきていますが、

 安さは人権に対する不当な評価の結果であり、輸出品そのものの品質も粗悪さを露呈して

 います。そこには「売れさえすればいい!」という無責任な考えが見えています。

  また、チベット弾圧に示されるような、小国に対する政策も非難の的になっています。

  中国当局はそれでも 「自分は悪くない。自分のやっている事は正しいんだ!」 と言い続け

 ています。今の中国は北朝鮮と同じでしょう。ミサイルを撃ってないだけで、全世界を敵に

 まわしているようです。

  何か、訳のわからない子供が駄々を捏ねているようです。

   これからのことを考えたら、もっと大人の対応を考えるべき時でしょう。
[PR]
by tramasato | 2008-04-20 00:06

せっかちな患者さんへ

  金曜日の午後、その患者さんは来院されました。治療内容は、歯内療法ーつまり歯の根の

 治療です。やはり他の処置に比べて時間がかかります。

  治療中何度もため息をついているので、たぶん疲れているのでしょう。3年ぶりの治療

 ですから、無理もないかもしれません。「早く終わらせて欲しい!」と思っておられるので

 しょう。大変だと思います。

  この患者さんには、普段から「あまり良い状態ではないので、定期的に来院してください!」

 と連絡をし続けていたのですが、「忙しいからーー」「夫の介護があるからーー」等の理由で

 来院されなかったのです。

   でも忙しい方、夫の介護をしなければならない方は大勢います。むしろ私の医院では

 介護をしながら通院して下さっている患者さんのほうが多いかもしれません。

   案の定、溜息の患者さんは、入れ歯が壊れて来院されたのですが、入れ歯が壊れた

  原因はご自分にあるのです。合わなくなった入れ歯をそのまま使い続けた為、使用中に

  入れ歯が歪み、割れてしまったのです。

   残念ながら入れ歯の修理は、入れ歯を預かってしなければ咬める様に治す事はでき

  ません。医院内では簡単な修理しか出来ないので、満足に咬む事も出来ないでしょう。

   歯科治療は、間に合わせには出来ない事の方が多いのです。

   まず、普段から自分の口の中をきれいにすること。そして、必ず定期検診を受け

  メインテナンスを続けること。

   自分の努力と金銭を使うことなしに、健康を維持することは不可能です。

   
[PR]
by tramasato | 2008-04-13 17:41

パソコンの故障

   2週間ほど、ブログの掲載を休みました。

  突然、パソコンが動かなくなり途方に暮れていた時、メーカーとの保守契約を思い出し、

 すぐにメーカーにパソコンを送って修理してもらうつもりでしたが、一応パソコンスクールの

 インストラクターに連絡しました。

  すると彼は 「バックアップしてからでないと、中のデータが全て失われます。」 とアドバイス

  してくれて、彼にバックアップしてもらい、メーカーに連絡して新しい基盤を送ってもらいまし

 た。

   それにしても、自分が如何にパソコン音痴であるかに、また気付かされました。

  パソコンが使えないというのは、不便なものですね!

   いまや、パソコン中心の生活、仕事をしているといっても過言ではありません。

   一日の内で、パソコンの為に割いている時間は、かなりのウエイトを占めてしまって

   います。

     視力も落ちるはずです。

 

 
[PR]
by tramasato | 2008-04-05 22:34