<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

  立ち止まる

       今日のミーティングは、全員参加でスピーチを行った。

    テーマは 「ことし、やってみたい事。」で自由に考えを述べるということで、進めた。

   私の演題は「振り返ること。」

     この4年ほどの期間、一貫して自分のコミュニケーション力の向上を目標に自分なりに勉強

    し、実践してきた。

     最初の2年間は大阪の講習会に参加し、旭川でもその講師を呼んで、参加者を募って

    講習会を開いたり、受講生同士でコミュニケーションの練習に取り組んだりした。

     その後の2年間は、地元の講習会に参加し、自分自身の話す力を向上させようと

     スピーチの練習に励んでみた。

      少しずつその成果は、出てきている。

     以前は、人前で話したり、会合でスピーチしたりするのが大の苦手だったのだが、

     今は、例えばスタッフが結婚式でスピーチしなければならないときなど、

     一人前にアドバイスする様になっている。

     スピーチするときの心構えや、考え方も自分でいくつかチェック出来るようになった。

      一番大きな変化は、他人のスピーチを評価できる様になった事。

      他人のスピーチを聞きながら 「この人へただなあ!」とか「俺だったら、こうするのに!」

      等と考えている。

       ようするに、自分なりの上手なスピーチ像が出来上がりつつある。

       患者さんを褒める事も少しできるようになって来た。

       以前は患者さんに注意することばかりを考えていたから、コミュニケーションも変わって

        来ているのだろう。

       でも、まだ十分とは言えない。

       そこで、一度立ち止まって、いままで実践してきたことが本当に効果があったのか、

       これからすべきことは、何なのか考えてみようーーという内容である。

       いくら一生懸命取り組んでいることでも、ときどきは歩くのを止めて自分の行動を

       振り返ってみることも必要であろう。


 
[PR]
by tramasato | 2009-03-28 15:03

性格

    高校生ぐらいまでの私は、大人しかったようだ。

  中学生の頃、親しい友人から 「おまえって、個性のない奴だなあ!」とよく言われていた。

   そう言われても私にはその頃、自分の個性がどういういものか解らなかったし、

  「そうなのかなあ?」と思うだけで、あえて反論もしなかった。

   今思えば、大人しく目立たないのもその人の立派な個性なのだがーー

   その親しい友人は自己主張が強く、自分の気に入らない事があるとよく他人と

   ぶつかっていた。

   そういう人間から見れば、自己主張の弱い私は個性のない人間に見えるかもしれない。

    私の性格が変わってきたのは高校卒業後、札幌で3年間浪人として下宿生活をし、

    その後盛岡で大学生として暮すようになってからである。

    つまり、他人の飯を食ったり、自炊したりするようになってから変化してきたのだと思う。

     自分一人で暮らすようになれば、自己主張せずに生活できるわけはない。

    さらにもうひとつ、大学時代にたまたまヤクザと喧嘩をして、ケガをさせてしまった事がある。

    その事件をきっかけに、周囲の私を見る目が変わっていった。

     私立大学と言えども、インテリが多い。インテリが暴力に弱いというのも通説である。

     私自身もヤクザと喧嘩してみて、「ああ、こんなものか?」と変な自信がついたのかも

     しれない。

      それ以降、私は少しづつ自己主張するようになった。

      旭川に帰って来て、暫くぶりに叔母に会って言われたことがある。

       「まあちゃん、むかしはノンビリしていい性格だったのにねえ!」

      という事は、今は悪い性格になったのだろうか?

       

    





    


   
[PR]
by tramasato | 2009-03-20 22:57

スピーチの上達法

   私の参加しているモーニングセミナーでは、月に一回会員スピーチがあり、毎度緊張しながら

  スピーチにトライしています。

   「なんとか、スピーチが上手になりたい!」と考えて、自分なりに取り組んで来ましたが

   最近、思いついたのが 「なりきる事」。

    「成り切る」 とは自分がスピーチの中の登場人物となって、いかにもそれらしく話すーー

   とでも言ったらよいのでしょうか?

    要するに、一人芝居を演ずる気持ちで話す--という事です。

    私はスピーチにストーリー性を持たせようとしているので、必ず登場人物がいて話をする事に

    なります。登場人物は私自身であったり、家族であったり、あかの他人であったりするわけ

    ですが、それぞれのセリフが其れなりに真に迫っていないと、の盛り上がりに欠ける

      話になってしまいます。

     何とか真に迫ったセリフにする為には、やはりその人物になり切らないといけません。

     そういう「成り切り」を何度か繰り返しているうちに、一種のゾーンに入った

     ような状態になる自分に気が付きました。

      スピーチにのっている状態、スピーチを楽しんでいる状態と言っても

       いいのかもしれません。

      その状態になるとどんどん言葉が出て来て、知らず知らずの内に5分10分ぐらいは

      話し続けたりするようになります。

       ですから、自分で意識して区切らないと、そのゾーンから抜け出しにくくなります。

      ゴルフをやっていた時にも、プレー中にゾーンに入ることの大切さを強調された事が

      ありました。残念ながらゴルフではゾーンに入っていたという経験は、あまりありませんが

      スピーチでは最近になってそう感じられるようになりました。

       長々と話し続ける来賓挨拶などは、そのゾーンの典型でしょう。

       話の内容がおもしろければいいですが、つまらない話なら本人をそこから引きずり降ろし

       たくなるかもしれません。本人は気持よく話しているのでしょうがーー

       仕事も遊びも 「意識して成り切る事」 は必要なのかもしれません。

         それでなければ面白味がないでしょうね?


      

    

      

     

     




   
[PR]
by tramasato | 2009-03-15 14:55

  ペットブーム

   きょう、街で買い物をしていると偶然、先輩の奥さんに出会いました。

  「もう、買い物終わったんですか?」と尋ねると 「うちのワンちゃんを、いまお風呂に入れてもら

  っているのよ。終わるまで待ち合わせなの。」という返事。

   「 幾らぐらいかかるんですか?」と聞くと 「4800円ぐらいね。わたしよりかかるのよ!」

  「4800円ですか!」と私は驚いて聞き返しました。

  人間だったら、4~5回 サウナに入れますよ!

   昨今のペットは恵まれています。私の小さい頃は、犬には人間の残飯を食べさせておくのが

   当たり前。

  たとえ死んでも死因など知ろうともせず、土に埋めてやるのが関の山だったのにーー。

  今は動物病院がペットと飼い主で混雑し、ありとあらゆる治療がペットの為に用意されて

   います。

   屋内でペットを飼っている人が多いので、ペットとキスするという人もいるでしょう。

   ペットに顔を舐められる人は、もっとたくさんいます。

   犬は排泄によって失った栄養素を、自分の糞を食べる事によって、栄養のバランスを

   取っています。

    糞は食べなくとも、必ずその匂いを鼻づらをつけて嗅いでいるはず。

    犬の口に細菌が付いていないはずがない。体内から排出されたばかりの新鮮な細菌が、

    おそらく、何十億も彼らの口の周りについているはずです。

    その犬に舐められて、よく平気でいられるなあ?ーーと思ってしまいます。

   まあ、可愛くてしょうがないんでしょうがーー。

    鳥インフルエンザではないですが、そのうちペットが原因の病気も蔓延するでしょう。

    そうなってからでは、遅いんじゃないでしょうか?
[PR]
by tramasato | 2009-03-07 20:53

  子育てと介護

   以前のブログでも述べましたが、人生90年になると、大半の人が子育てと介護の両方を

 経験する事になります。40~50歳代には大方子育てが終わり、「ああ!やっと一息つこうか!」

 と思ったら両親の介護をしなければならなくなります。

  たぶんその頃、両親の年齢は70~80歳代。それから10年~20年は介護に追われる時代が

  続きます。単純に計算すれば、40年~50年間はその両方の問題で自分の人生を費やす

   ことになります。医療が進化し、平均寿命が延びたため良い世の中になったのでしょうが、 

   反面、医療費が増大し経済を圧迫し始め、子育てと介護で人生の大半を過ごすーー     

   これが、本当に幸せな人生なのでしょうか?

   私の友人が今日こんな事を言っていました。

       「子育てが終わって、介護が終わったら、みんな疲れきってダメになってしまうよね!」

    むかし聞いた言葉に 「人生は重い荷物を背負って歩く、長い道の様なもの。」

      というのがありましたが、そのとうりなんでしょうかね?
[PR]
by tramasato | 2009-03-01 22:48