<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

介護されない生き方

             先週の血液検査で、血中ヘモグロビン値が6.0に下がっていた。

        6.0という数値は、糖尿の薬を飲んでいた時にしか出せなかった数値である。

        今まで食事療法とトレーニングでどんなに努力しても、6.2までしか下がらなかった。

          6.8から6.2まで下げるのに2年以上の年月がかかった。

        ところがDr.新谷氏の本を読んで、夜9時以降は一切食べ物を口にせず、ミネラル

        ウォーターを飲んで、大豆を食べーーなどなど氏の推奨する食事療法を 3週間実行

        しただけで、0.2ポイント下がってしまった。

          以前は、5.8の正常値に到達するなんてとても無理ーーと諦めていたのだが、

        6.0まで下がると、5.8の正常値もすぐそこに見えてくる。

         夜食べないという事は、あらゆる食事療法にとってとても重要なポイントに

        なるようだ。

        少し前までは 「介護受けないで死ぬには、どうしたらよいか?」などと冗談半分で

        考えていたのだが、そうした悩みを考え続けているうちに友人から新谷氏の本を

        紹介されたのである。

          思い続ける自分が、思わぬ解決法を引き寄せたのかもしれない。

         人間悩んでみるものである。

         高齢になっても、車椅子に頼らず、オムツもせずに無事暮していける可能性も

        出てきた。
[PR]
by tramasato | 2010-11-28 21:52

老人たちの時代

           以前の記事にも書いたが、バスの中で80歳くらいの老女が50代の私を

       「オジサン」呼ばわりした事があった。その車中の事である。

        ある停留所で80歳ぐらいの男性がブザーを押してから、大きな声で「降ります!」と

       言って下車しようとしていた。

        ところが、座っているシートからなかなか立ち上がれない。

       どこか体が不自由なのだろう。

       前のシートの背もたれに摑まりながら、ようやく立ち上がり、なんとか車内を

       歩いて前に進もうとしている。降車口に辿り着くまでに「降ります!」と4~5回も言った

       だろうか?

        多分、彼は以前バスから降りる時に、なかなか降車口に近づけなくて待ち切れずに

       バスが発車してしまった経験があったのだろう。それで何度も「降ります!」を繰り返し

       叫んで」いたのだーーと私は思った。

        この男性は杖をついていた。

         それを見てかの老女は 「最近、バスの中に杖を忘れていく老人が多いのよね!」

         と私に話しかけてきた。いかにも老人である事が他人事の様な言い方なのだ。

       そう言う彼女も、充分に腰が曲がっている。ただ杖をついていないーーというだけで

        世間一般の見方をすれば老人に間違いない。

         この老女の言葉を聞いて私は考えさせられた。

        人間、自分自身は 「年をとっていない!」と思いがちである。

       他人は年をとっていて、自分は年をとっていないーー思う人も増えてくるだろう。

        近い将来、老人同士が 「お前は歳を取っているけど、俺は歳を取っていないぞ!」と

       お互いに罵り合う時代が来るのだろうかとーー。
[PR]
by tramasato | 2010-11-17 15:07

ビデオ漏えい

          尖閣問題のビデオがインターネットに流出後、政府が躍起になって犯人を探し

       神戸海保の職員が逮捕された。

       このビデオは問題が起こった当初から、その存在が噂に上っていたものであり

       なぜ中国船長が逮捕されたかを知るには、最も重要な根拠となるものだ。

        最初に中国側にこのビデオを提示し、また国民に公開しておけば、逮捕の理由も

       明かになり、こんなに問題が大きくなる事はなかった筈である。

        政府の煮え切らない態度に、怒りや失望を感じている国民が大多数であろう。

       国境を侵犯し、なおかつ船を故意に衝突させた行為は逮捕されて当然ではないか?

        政府の行っていた犯人探しは、一体誰の為のものなのだろう?

       日本国民よりも、むしろ中国の為にやっていると思われても仕方がないのではないか?

        真相が明らかになった事を喜ぶ人の方が多いだろう。

        また、真相を国民に明らかにしない政府の態度も非難されるべきだろう。

       犯人逮捕は政府が解決しなければならない問題の、すり替えでしかない。
[PR]
by tramasato | 2010-11-11 14:22