<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歯痛

 昔、歯が痛くなって歯科に行った。ちょうど札幌で浪人していた

  頃の事で、その当時は自分が将来 歯科医になるなんて夢にも

 思っていなかったので、友人の知り合いの歯科医院に行く事にし

  た。--その頃の歯科医院というのは、何処も混んでいて

 待合室の中など、本当に立錐の余地もなかった。

  立ちながら待っているうちに、友人の紹介だというので思った

 よりも早く診てもらえる事になった。

  先生は面白い人ではあったが、今の様な歯科用のタービンが

 無かったので、電気エンジンで回るバーで削られた。

  もちろん、麻酔なしである。

 エンジンの振動は頭にガンガン響くし、削られるととても痛い。

  痛い歯に振動を与えたら益々痛くなって来るだろうに、そんな

 事お構い無し。--そのあと削った穴にアルゼンを入れる。

  いわゆる「神経を殺す」という薬である。

 その頃は神経を取る時に麻酔が使われてはいなかったので、

  そんな幼稚な方法でしか治療出来なかったのだった。

 その日はそれで終わり、2日ほどしてまた治療に行った。

  その2日間はまだ、歯が痛んでいた。

 2日目もまた、エンジンでガンガン削った。痛かった。

  もう一度薬を入れ直して、また来る事になった。

 3日目、少し痛みが和らいだ。またガンガン削って歯の穴

  を大きくした。先生がそこに器具を差し込んだ。

 「痛い!」と思わず私は叫んだ。そうすると先生が

  「君は痛みに弱いなあ!もっと痛みに強くならなきゃいかん

 なあ!」「休みの間にもっと痛みに強くなる様な訓練をしなさい!

  」等と言っている。ーーその当時は「そんなものかなあ?」

 と真面目な私は思っていたが、いま考えると馬鹿げた話である。

  第一、痛みが我慢出来なくて来たんじゃないか!我慢出来るな

 ら来る訳がない。本末転倒である。

  そんな事を先生が言っても、患者が断りきれない程来る時代だ

 ったのである。

  いまだったら、そんな歯科医院に患者が来る訳も無いのだがー

 ー歯科医にとっては良い時代だったんだなあーーと思う。

  
[PR]
by tramasato | 2011-09-30 21:56

      ヘルニア手術 その後

       久しぶりにブログを書く。

      手術の後、一度に多く投稿し過ぎたので、一か月程休稿

       した。

      術後の経過が特に悪かったわけではなく、経過は至って

       良好。ジム通いもインストラクター等の心配を余所に

      以前よりも内容を強化した種目もある。

       ともかく腹筋の下部にあまり力を入れ過ぎなければ

      良い訳だから、その面をクリア出来れば強化する余地は

       未だある。

      有酸素運動は続けていれば、自然と心肺機能は強化さ

       れ益々強度の高いレベルに達してくる。

      食生活も基本的には内容は変わっていないが、摂り入れ

       る食物は少し変えて行くのも一つの工夫かもしれない

      。アルコール類も週一回、少しの量(たとえば缶ビール

       500CC1本ぐらい)なら大丈夫かもしれない。

      血中ヘモグロビン量も、今は安定して問題のないレべ

       ルになっている。

      元来、酒が好きとは言えないので、人と付き合う為に

       飲んでいるのだが、何軒も場所を変え、次の日まで

      飲む続ける必要もないわけだ。

       何処か本当にリラックス出来て、自分を快く受け入

      れてくれる場所であれば、1軒でも充分だろう。

       入院してから考えたのだが、今まではそういう飲み

      会ではなかったのかもしれない。

       ただ飲む為だけに集まり、それ以外は何の関係も持

      たないーーという様な集まりに過ぎなかったのだろう

       か?

      ただ気取った付き合いだっただけの様な気がする。

       自分が本当に楽しめる飲み方を探した方が

      いいのだろう。

      

     
[PR]
by tramasato | 2011-09-24 20:39