<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

モーターショー その2

  札幌駅で地下鉄に乗り換えて15分程で、東豊線の終着 福住駅

 に到着。いつも土曜日は大通りに向かう上り線が混むものだが、

  今日は下り線も上りと変わらず乗客が多い。モーターショーの

 影響だろう。家族連れが多いのもその表れか?

  福住に着くと、もうドームへと歩いて向かう人々の列が続いて

 いた。列はドームまで途切れる事がなかった。

  私は日ハムの試合をドームで観戦した事がないので、良くは知ら

 いが、野球の時と同じように混んでいるのだろうか?

  駅の表に出ると、札幌の方が旭川より気温が高い筈だが、風が

 強いせいで、あまり暖かくは感じられなかった。

  「北と西の入場ゲートが混んでいる。」ーーと案内係がスピーカ

 ーで、アナウンスしているので、群衆と一緒に南ゲートに向かう。

  それにしても凄い人数だ。中に入ると丁度、外野スタンドの中段

 ぐらいの入口に出た。

  スタンドのシートは黒で、明かりが少ないせいか球場の中は

 あまり明るいとは言えない。映画館の休憩時間の明るさと言えば

  判り易いだろうか?テレビで見るともっと明るく見えたのだがー

 フロアにはたくさんの輸入車が展示されていたので、見に行った。

  BMW,ベンツ、ポルシェ、ジャガーなどが置かれていたが、

 どの会社もミドルクラス以下の車しか展示していない。

  BMで言えば5シリーズ、ベンツだとEクラスなど1000万円

 以下の車種が多いようだった。

  私はベントレーを見たかったのだが、展示されていない。

 フェラーリも無い。いわゆる超高級車と言われる物は一つも無い。

  せっかく1200円もの入場料を取っていながら、それだけの値

 があるとは、とても言えない。

  その代わり、国内メーカーのコンセプトカーは多かった様だが、

 私はコンセプトカーには興味がないので、見なかった。

  わずか10分ほどで会場を後にした。

 どうやら今回は、ただ人集めの為にショーを開いた様である。

  展示車というのは必ず傷を付けられる。多くの人が手で触るから

 だ。まして今回の様に49,000人もの人が集まれば尚更だ。

  各メーカーもそれを承知で展示している。だから超高級車などは、

 展示されないのである。

  今回のショーは、あまり車に詳しくない一般の人の為のショー

 だった様だ。
[PR]
by tramasato | 2012-02-22 13:34

モーターショー

  土曜日、札幌のモ―ターショーを見に行った。4~5年前まで毎年

   輸入外車を中心としたモーターショーが開催されていたのだが、

  ここ数年、中止になっていた。私も何度か、父や弟と一緒に足を

   運んだものだった。

  久しぶりで開催されるという事と、札幌ドームで行われるというの

   で、行ってみる事にした。実は私は、札幌ドームに行った事が

  ない。「ドーム見物がてら、行ってみようか!」という気になった

   のである。バンド仲間の一人も行くという事だった。

  土曜日の診療を11時ぐらいで切り上げて、急ぎ駅へと向かった

   。駅のベンチに座ってふと前の席を見ると、何とさっきまで

  診療していた患者さんが座っているではないか!

   私はその患者さん向かって「○○さん、お出かけですか?私は

  札幌のモーターショーを見に行くところなんですよ!」と声を

   掛けた。すると患者さんは「実は私も、妻と一緒に見に行くんで

  すよ!」と言うのである。「先生、もう診療終わったんですか?」

   と不思議そうに聞かれたので、私は戸惑いながら、「今日

  は、早めに終わったんですよ。」と答えた。

   そんな話をしていて、私は何か悪い予感がした。

  「この患者さんまでが、モーターショーに行くんだったら、会場は

   相当混んでいるんじゃないか?」--と。

  予感は当たって、到着してみると大変な混雑だった。
[PR]
by tramasato | 2012-02-20 22:44

今年の冬は寒い

  今年の冬は寒い。日本の上空に寒気団が居座っているせいだと

 ニュースでは言っていたが、2月の下旬近くになっても、-20

  C付近まで気温が下がっている。

 例年1月の下旬が一番寒いと言われているが、今年は2月になっ

  ても寒さが厳しい。

 -20度以下を記録した日も何日かあった。平均気温が-10℃

  近くになっている。

 しかも雪も多い。北海道では、普通「雪が降ると暖かい!」と

  言われるのだが、ことしは雪が降ってなお寒い日が続く。

 岩見沢では、積雪が2mを超えたそうである。

  2m、3mという雪は北陸など日本海側特有の物だと思って

 いた。要するに北海道は寒いけれど、雪は豪雪地帯に比べれば

  かわいいものだと、思っていたのだがーー。

 寒くて雪が多かったら、良い所が無いではないか?

  岩見沢市内では、歩く人の背丈の倍ぐらいの雪が路肩に積み

 上げられている。

  私も連日、朝5時頃に起きて雪かきをする毎日である。

 今朝も1時間ほど、駐車場の雪かきをした。

  毎日続けていると、さすがに疲れが溜まる。

 以前、ある評論家が「雪国の人は、もっと寒い季節を楽しまなく

  ちゃ!」と言っているのを聞いた。確かにスキー、ボードなど

 をやっている時は楽しいのだろうが、毎日1時間、早朝5時起きで

  雪かきをしたら、「寒い季節は、とても楽しい!」と言えるだろ

 うか?

「朝起きたら、寒さを感じる為にも、窓を開けて深呼吸しま

 しょう!」と書いてある文章もあったが、毎日-20℃では、

  寒くて窓を大きく開ける気もしないだろう。

 第一、窓が凍っていて開かないのだ。やはり暖かい地方の人が

  考えた文章である。

 冬になると毎年、「もっと暖かい所で暮らしたい!」と考えて

  いる。
[PR]
by tramasato | 2012-02-16 13:54

音程

   日本人は音程が悪いという。映画に出てくる外人は大抵歌がう

  まい。バックに音楽が流れていなくても音程が外れない。

   酒場などのシーンでは、よくその場にいるみんなで合唱してい

  る場面に出くわすが、総じて全員がよくハーモニーをとって

   歌っている。

  たとえプロでなくとも、そこそこ上手に歌って、また声量がある

   様に聞こえる。

  それに比べて日本人はどうだろうか?

   酒場で酔っぱらったおじさんが歌っているシーンを見かける事

  もよくあるが、ほとんど音程が外れてとても歌にならない様な

   場面ばかりである。

  先日も、日本では女性としては声量もあり、歌も上手いと思われ

   ているボーカリストが、アメリカでレコーディングしようと

  乗り込んで行ったが、何度挑戦してもOKが出なかったそうで

   ある。理由を聞いてみたら「音程が悪い。」のだという。

  日本ではプロとして通用している人間が、アメリカでは

   「音程が悪い」と判断されるのだから、一般の日本人のレベル

  も当然判りきっている。

   何故日本人は音程が悪いのだろうか?ーーと思ってオーディオ

  カフェを経営する友人に聞いてみた。

   友人曰く、「小さい時から歌う習慣が無いからーー。」

  確かに小学校では音楽の授業があるけれど、中学、高校と進学

   するにつれ、音楽の授業の頻度は激減していく。

  受験競争があるからである。

   一方、アメリカや他の外国では、日曜日に教会へ行って礼拝を

  する習慣が伝統的に続いているので、その際歌われる讃美歌が

   効果を発揮しているのだという。

  大人になっても、週一回は歌う機会があるから、上手なので

   ある。讃美歌は当然コーラスであるから、みんなでハモる

  練習もしている訳だ。だから突然酒場で誰かが歌い出しても

   居合わせた全員が簡単にコーラスしてしまう。

  ハモるという事は、お互い音程がしっかりしていなければ

   出来ない。

  宗教心の殆ど無い日本人は、週一回礼拝もしないし、コーラスも

   しない。

  だから、歌は上手くならない。たとえ宗教心があって、念仏を

   いくら唱えたとしても、歌が上手くはならないだろう。

  そういう歌の基礎を養う習慣が、日本人の生活には欠けている

   のだろう。




   

  
[PR]
by tramasato | 2012-02-10 16:10

     めまい

  友人がめまいで倒れた。と言うよりもめまいで起き上がれなくなっ

   た。朝起きると天井がぐるぐる回って見え、とても起き上がれな

  い。何も食べていないのに、嘔吐を繰り返し続けて止まらない。

   終いには「血を吐くか?」と思ったそうである。

  立って歩くどころか、這う事さえも儘ならない。

   同級生の医師が往診してくれて、注射、投薬をして何とか3日程

  休んでから、仕事に復帰した。

   復帰してもまだ、歩くとフラフラする。道路も不安で歩けないの

  タクシーで仕事場に通っている。

   私にも同じ経験が2度ある。

  一度目は、あまりに自分勝手でいい加減なスタッフに対して激怒し

   た時。

  勤務態度も悪く、そのスタッフと仕事をする毎日が非常に苦痛だっ

   た。それでストレスが溜まっていたのであろう。

  そのスタッフが、何の断りも無く突然職場に来なくなった。

   慌てて私は新しいスタッフを募集して事無きを得たが、

  数カ月して、そのどうしようもないスタッフが突然来院して、

   「未払いの給料をよこせ!」と言うのである。

  怒って当然だと思うが、あまりに怒りで興奮し過ぎたのかもしれ

   ない。次の日にめまいを起こしたのである。

  とても立ち上がれる様な状態ではなかった。

   友人の症状と同じで、満足に食事も摂れなかった。

  2~3日仕事を休んだ。どうしようもないスタッフには振り回さ

   れるし、仕事は休まなければならないし、踏んだり蹴ったり

  である。

   2度目は屋根の雪下ろしが原因だった。

  正月休みに、3日連続で屋根の雪下ろしをやった事があった。

   4日目の朝にめまいを起こしたのである。

  この時も症状は同様で、どうやら疲労と1時間以上も屋根の雪の

   中を歩き続けて頭が振動し続けたせいらしい。

  めまいも様々な種類があり、友人と私の場合は平衡感覚を司る

   三半規管の異常が原因らしい。

  その引き金となるのが、長く続くストレスや疲労らしいので

   ある。

  友人は喫茶店の経営をしているのだが、普段から女性客が多く

   女性客の友人に対する誹謗や、蔑みに悩まされ続けていた

  ようである。そのストレスが今回のめまいの引き金になって

   いるのであろう。

  少しゆっくりと、休養した方が良いのかもしれない。

   自分なりのストレスの発散方法を考えて行かなくては

  ならないだろう。

  
[PR]
by tramasato | 2012-02-04 22:22