<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

陸前高田

 震災にあった陸前高田で、亡くなった先輩の一周忌にあたる葬儀

があり、医局の同期生達と28年ぶりに高田に行った。

 以前のブログにも書いたが、この震災で私は二人の先輩を失った。

医局から派遣されていた出張先の歯科医院の院長と、そこに私と

 交代で出張していた先輩である。

前日に水沢の同期生の自宅に泊めてもらい、次の日に同期生3人と

 同乗して車で高田に向かった。水沢は暖かかったが、高

田に行く為には山脈を越えて行かねばならない。さすがに途中の峠

 や山には、まだ雪が多く残っていて、雪解け水が行く先々の峠道

を濡らしている。

 1時間ほど走ると、峠も終わり平地に出たので高田も近い。

やがて道路に沿う様に川の流れが近づいて来る。

 5~6月ごろになると鮎釣りが解禁され、その川にも釣り糸を

垂れる多くの釣り人達がいるのを、車を運転しながら

 よく見かけたものだった。

 川に沿ってしばらく走ると、突然目の前が開けて来た。

彼方の方に靄がかかっている以外は、全く何もない台地である。

 よく見ると所々に建物が見える。

見る事の出来る建物に共通するのは、四隅の柱と天井や屋上以外は

 何も無い事だ。建物の向こう側がはっきりと見えるのである。

柱と天井だけの異様な形の建物だけが、あちこちに点在している。

 地面には流された建物の土台のコンクリートと、その周りを埋め

る土砂だけが残り、その光景が海岸の方まで延々と続いている。

 海岸から5~6㎞まで津波が押し寄せたらしい。

道路が何処に走っているのか判らない。道路と周りの地面との段差

 が無くなっているので、かなり近づくまで何処が曲がり角なのか

交差点なのか、全く判らないのである。

 高田の街の面影など、まるで残っていなかった。

これから何年たてば、街が元に戻るのだろうか?

 いや、海岸の防波堤が無くなった今、街が再建出来るかさえ

見当もつかない。

  友人がやっと道を探して、会場である高台のお寺に向かった。

幸いにお寺は山の中腹にあった為、被災を免れたのである。

 寺の駐車場に入りきらない車が、あちこちに置かれている。

我々もやっと隙間を見つけて、車をとめた。

 本堂に入ると、もうかなりの人が集まっている。

ようやく端の方に座れて、式が始まった。

 総勢200人にもなろうか?1年後の法要としては異例の多さ

かもしれない。それだけ故人の徳が偲ばれる。

 皆に慕われていた故人の突然の死に、悲しみを堪え切れない人

も多かった。

 弔辞が次々に読み上げられ、故人の所属していた運動部の部歌

もOBたちによって、歌われた。

 最後に、残された五人姉妹の三女が、亡き父へのお別れの挨拶

をした。

 「お父さん、こんなにたくさんの人が集まってくれて

良かったね!」と、涙ながらに語り始める。

 途切れ途切れに語る、彼女の一つ一つの言葉が心に響く。

幼くして両親が離別し、今また最愛の父を失ってしまった。

 最後の「お父さんに私の結婚式を見てもらいたかったよ!」

という彼女の万感の思いを聞いて、溢れる涙を堪える事は

 誰にも出来なかった。

 式の後、亡くなった院長と、先輩の墓にお参りをしてから

我々は高田を後にした。
[PR]
by tramasato | 2012-03-20 23:06

正常と異常

  Aさんは歯医者が大嫌い。以前に入れ歯を作ったのだが、口の中

 に入れていると、痛くて噛めないし、長い間入れた儘だと吐き気が

  して、とても食べるどころではない。入れ歯を入れて3日としない

 うちに使わなくなった。それから10年以上も歯医者には行く気が

  しなかった。

 その間に残っている歯が歯周病でどんどん悪くなり、次々に抜けて

  いった。とうとう噛めなくなって来た時に、たまたま知人が私の医院

 に通っていたので、知人に勧められて来院した。

  口の中を診ると臼歯部(奥歯)はほとんど無く、前歯はあるのだが

 臼歯が無い為に、咬みあわせると前の方に倒れ、いわゆる出っ歯

  の状態だった。いろいろと手を尽くしたが残っている歯は全て抜歯

 し、上下の総義歯(総入れ歯)を作ることになった。

  もちろん、総義歯は出来るだけ使いやすい様に作ろうとしたが、

 Aさんが使える様になるかーーという事に関しては、正直、自信が無

  かった。今まで全く入れ歯を使っていない人が、いきなり総義歯に

 慣れて行くのは難しいからだ。

  Aさんの総義歯は自分ながら満足のいく出来だった。もちろん出た

 歯は治って、ほほ笑むと、とても魅力的な笑顔である。「後は、使っ

  て行けるかどうかだな?」と思ったが、本人は少しずつ慣れて

 いった。

  数か月したある日、Aさんが突然来院した。「先生に相談がある

 んですけどーーー。」というのである。「入れ歯が使えないんです

  か?」と聞くと、「痛みは少しあるんですけど、それよりも上唇の

 所に張りが無い様にみえるんです。」と言う。

  よく聞いてみると、職場の同僚に「以前と顔つきが全く変わって、

 上唇の所に張りが無く、老けて見える!」と言われたのだと言う。

  歯科医の立場から見れば、笑顔も魅力的で、唇の張りも正常で

 これ以上の張りは必要が無い様に思えるのだがーーー。

  なぜ同僚たちにそう言われたのか、と考えてみてふと思いついた。

 Aさんは以前の様に歯は出ていない。従って上唇の張りも「歯が出

  ていた」当時よりは無い。張りが無いので老けて見える。

 というのである。私から見れば、今が正常であり、Aさん自身も美し

  く見えているのだがーー。

 Aさんの同僚たちにとって、歯のでたAさんこそ本物のAさんで

  あり、歯の出ていないAさんは、Aさんではないのである。

 10年以上もAさんの顔に慣れ親しんだ人達の眼に、今のAさんの顔

  は奇異に写るのである。

 歯科では、口腔機能の回復と審美性の回復を大きな目標と

   している。

  だが審美性(美、醜をはっきり見分ける事)の回復は、時として

 患者さんやその周りの眼と、術者の間では大きな隔たりを生む事が

  ある。

 歯が出ているのは正常ではなく、審美性も劣るのだが、患者さんに

  とっては懐かしい自分の顔であり、美しく見える顔も不自然に思

 えるのかもしれない。

  とはいえ、「出っ歯の」の入れ歯をつくるなんて、歯科医の良心

 が許さないので、とりあえず入れ歯の上唇部分に材料を盛り

  修正する事で、Aさんには納得してもらった。

 ほんとに、臨床は難しい。

 

 

  
[PR]
by tramasato | 2012-03-13 11:02

ブログとは

  私のブログを呼んだ同級生に「お前のブログは、言い方が高飛車

 だ!」と言われた。そうかもしれない。必ず断言する様な書き方を

  しているので、「高飛車」な言い方に聞こえるだろう。

 でも、「--じゃないでしょうか?」あるいは「--だと思います

  が?」と書いても個人の意見としては、弱い印象を与える。

 断言するように書いた方が、たとえ反発を買っても判り易い。

  私がこのブログを書き始めてから、5年程に成るだろうか?

 同じようにブログを書き続けている友人と話していて気付いた事が

  、「ブログというのは独り言、あるいは日記的な要素が強いーー

 」という事である。

  だから、その人の意見や主張がはっきりと出ていないと、何を

 言っているのか判らない、焦点の定まらない文章になってしまう。

  そう考えているので、断言する言い方、高飛車な言い方に聞こえ

 るのだろう。

  ブログはネット上で公開されているのだから、それに対する意見

 や、批判はあって当然であり、自分でもその意見や批判を参考に

  できるかもしれない。

 事実、同級生達は私のブログを肴にして、一言一句に文句を付けて

  いるらしい。それはそれで構わない。大いに批判してもらって

 結構。

  でも、もし他人のブログを批判するのであれば、自分自身で

 ブログを作り、書き続けて、そのブログ上で批判するべきだろう。

  自分は何もせず、他人を批判ばかりしているのでは、何の意味も

 無い。

  自分でブログを作り、文章を何度も書き、あるいは推敲しながら

 書き直してみる。

  そういう作業を通じて、自分の文章の拙さが判って来る。

 私はブログを書いてみて、自分の文章が本当に下手だという事が

  判った。下手な文章を直し、直し書くうちに少しずつ誤りは

 少なくなる。だが、自分の意図するところが本当に相手に伝わって

  いるかというと、まだ疑問ばかりだ。

 批判しようとするなら、自分でブログを立ち上げーーこれが理想の

  ブログだーーという物を私に見せて欲しい。

 そこで初めてお互いに議論し、納得の行く部分があれば、相手を

  見習えば良い事ではないか?

 そういう過程が大切であろうし、建設的であるとも言える。

  大切な事は、批判ではなく、実践する事だ。

 実行の伴わない批判は意味がない。

 
[PR]
by tramasato | 2012-03-09 14:53

春の訪れ

  ようやく寒気が緩んで、春の足音が聞こえて来るようになった。

 それにしても今年の冬は長く感じた。例年なら雪が多ければ暖か

  い。寒さが厳しければ、雪が少ないという気候が当たり前なのに、

 今シーズンの冬はー雪が多くてしかも寒さが厳しいーという最悪の

  気候だった。平成18年以来の大雪だそうである。

 最低気温も旭川では-21.8℃を記録し、-20℃以下の最低気温

  を7日記録した。私の住む永山地区は、通常市内よりも3~4℃

 気温が低いので(あまり人が住んでいないので、市内より気温が

  低い)、たぶん今冬の最低気温は-25℃ぐらいだっただろう。

 大雪のお陰で、ことしは雪に埋まった車を、3回も押しながら脱出

  させる羽目になった。しかも医院の前の駐車場の中でーー。

 いまの軽自動車はバンパーからボディサイドにかけて一体となる

  様にデザインされていて、車のサイドボディと地面との間の

 隙間がほとんどない。空力を考えたデザインなんだろうけれど

  軽の小さいタイヤが、少しでも深い溝に入ってしまうと、

 サイドボディの下部が雪につかえて、タイヤが空転し動けなく

  なってしまう。雪が多い今年は、あちこちに深い雪の溝が

 出来て、医院前の駐車場でさえ、スタッフの車は埋まってしまっ

  たのだった。

 仕方なく、裏の患者さん専用の駐車場をしばらく使ってもらう

  事にした。

 その駐車場も、雪が降った時には必ず私が除雪していたのだが、

  まだ4~50㎝の雪が残っていて、スタッフの車が止まると

 車のルーフが駐車場のフェンスから飛び出して見えている。

  毎日の雪かきのおかげで、体重も減り、何回か風邪をひいて

 トレーニングを一週間ほど休んでしまった。

  一週間トレーニングを休むというのは、最近無かったことな

 のだけれどーー。

  来年は暖かく、雪が少ない年であって欲しいと願うだけで

 ある。

 
[PR]
by tramasato | 2012-03-04 20:31